J.M.A.Aの取り組み

モデルスカウトに関して

今般、モデルのスカウトと称して悪質な勧誘販売(キャッチセールス)が横行しています。
一般社団法人日本モデルエージェンシー協会は平成27年7月1日施行の「東京都消費生活条例」の改正を受け、下記の通り行動致します。

一般社団法人日本モデルエージェンシー協会
モデルスカウトに関する行動指針

  • モデルのスカウトで声掛けの際は社名の入った名刺とJMAA発行のIDカードを提示致します。 JMAA IDカード
  • スカウトした方にはレッスン、宣材写真等の必要経費やクーリングオフ制度について十分な説明を行います。その場で契約する事はありません。また契約の強要や考える間もなく契約を急がせる行為は行いません。
  • モデルになる為に、高級美顔器や化粧品等の物品購入を勧めたり、エステ等への勧誘は絶対に行いません。
  • 必ず有名にする等と言って高額な登録料の支払いをさせることは一切ありません。
  • 未成年者の所属契約には「保護者による同意書」が必要となります。

JMAAの取り組み

  • 街頭スカウトの実態を定期的に調査し、協会員に対し情報提供と研修を行います。
  • 悪質な事案を確認した場合は消費生活センターに速やかな情報提供を行います。
  • 消費生活センターと連携し消費者被害拡大の防止に努めます。

困った時にはまず相談。

一般社団法人日本モデルエージェンシー協会:
03-3401-6071

東京都消費生活総合センター
03-3235-1155

名古屋市消費生活センター
052-222-9671

JMAAは悪質商法被害防止共同キャンペーンに参加しています。
悪質商法!?困ったときにはすぐ相談!