緊急事態宣言解除後のコロナウイルス感染拡大防止への対応のお願い

5月25日、緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、一般社団法人日本モデルエージェンシー協会は会員各社の所属モデルの感染被害防止及び感染拡大防止のため、出演活動に関して「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避のための以下のご配慮を関係各位へ引き続き要望致します。

  • ・混みあわない時間帯及び、3密を出来る限り避けられる交通手段での移動
  • ・関係者全員のマスクの着用
  • ・現場における手洗いの励行及び消毒液の設置
  • ・現場及び控え室等での人同士の2m以上の距離の確保
  • ・屋内現場における換気の徹底
  • ・現場及び控え室における接触する可能性がある部分の消毒の徹底
  • ・接触感染を防ぐため、同一メイク道具の複数出演者への使用の禁止
  • ・出演時における可能な限りの出演者のマスク着用許可

なお、政府のコロナウイルス感染症対策に基づき、会員各社より所属モデルへ以下の対策指導をいたします。

  • ・日ごろからのマスクの着用及び、手洗いの励行及び消毒
  • ・定期的に検温し、体温37.5 度以上の発熱(または平熱比1 度超過)があった場合や、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合は、速やかに所属事務所に報告する。

また、万が一、出演予定のモデルが感染者、濃厚接触者となった場合は、所属事務所よりご担当者へ速やかに連絡し、感染拡大防止の観点からも延期とさせていただくか、場合によってはキャンセルさせていただくこともありうることをご了承ください。

一般社団法人 日本モデルエージェンシー協会
理事長 岩田佳典

前の記事: